1. TOP
  2. 会社案内
  3. ご挨拶

会社案内

ご挨拶

グローバル・ニッチトップの
モノづくり企業を目指し、
果敢な挑戦を続けてまいります。

1993年12月ジェイテックコーポレーションを創業し、四半世紀を迎えようとしております。その歩んできた道のりは決して平坦なものではありませんでした。
この間、一貫して「オンリーワンの技術で広く社会に貢献する」という経営理念のもと、失敗を恐れず、誰よりも早く挑戦し、結果を追い求めてまいりました。
現在、大阪大学・理化学研究所の研究成果の実用化に成功いたしました放射光用X線集光ミラーを中心としたオプティカル事業、また創業当初から培ってきた独自の細胞培養技術をもとに商品展開してまいりました各種自動細胞培養装置を中心としたライフサイエンス・機器開発事業、この2つの事業を軸に経営資源を集中し、事業規模の拡大を推進してまいりました。

放射光用X線ミラーは、生命科学、物質科学、医学等広範囲な分野で基礎研究から応用研究、さらに様々な産業分野で広く利用されている兵庫県の“SPing-8”に代表される大型放射光施設や“SACLA”のようなX線自由電子レーザー施設に導入されております。
当社X線ミラーは、今では日本はもとより欧州、米国、アジア等世界各地の大型放射光施設やX線自由電子レーザー施設の研究者から、世界トップの超高精度形状ミラーとして、当該施設の高度化に必要不可欠であると高く評価され、事業の柱へと成長してまいりました。今後もこれに甘んじるのではなく、次世代ミラーの開発など世界の競合他社に対して優位性を追求するために、果敢に挑戦を続けてまいります。

また自動細胞培養装置においては、今後急速な需要の拡大が期待される再生医療分野では臨床研究向け3次元細胞培養システムなどを開発し、創薬分野ではスクリーニング自動化システムの開発などを推進してまいります。さらにiPS細胞の関連事業においても積極的に技術開発、製品開発をより一層推進してまいります。
ところでライフサイエンスの分野は、例えば様々な培養技術をもとに各種培養装置が提案され、次々と新しいサービスも誕生しており、激しい環境変化のある業界です。我々はその変化にいち早く対応し、成長し続け、細胞培養関連機器のトップ企業を目指します。

当社は「科学技術、特に創薬・医療技術の研究開発におけるイノベーションを生み出す製品を提案し、提供する」という行動指針を掲げ、この2つの事業をとおして、すべてのステークホルダーの皆さまの期待に応え、また人々のQOLの向上を目指し、広く社会に貢献したいと願っております。
今後とも、皆様の変わらぬご支援とご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長